債権回収、何を差し押さえたらよいか?(強制執行の対象財産について)


債権回収について

当事務所では、債権の回収に関するご相談を、個人や企業様よりお受けしています。

そのときに考えなければいけないのは、強制執行のことです。たとえば判決をもらったとしても、強制執行して回収ができなければただの紙切れに等しくなってしまいます。

債権回収をしていくには、最終的に回収するというゴールを見据えて、手続きを選んでいく必要があります。

この記事では、最終局面である強制執行について、何を差し押さえられるのか、その手続がどんなものかについて、おおまかに書いてみたいと思います。それぞれ、費用、手間、かかる時間、確実性について個人的に点数をつけてみました。

続きを読む

【債権執行】債務者が2名いてそれぞれ管轄が異なる場合


自分用メモですが…

一つの裁判で被告2名に対する判決が出て、それに基づいて債権差押命令の申立てをするときに、被告がそれぞれ別の都道府県に住んでいる場合、差押え命令の申立書には2名とも載せて申立てすることはできず、別々に申立てしなければならないそうです。

続きを読む

【取扱事例】競売不動産の売却許可決定取消申立 その2


以前、当ブログにて競売不動産の売却許可決定取消申立ての事例を記事にさせていただきましたが、この記事をご覧になった方が当事務所にお問い合わせいただくことが、年間に2〜3件はあります。

続きを読む

「,」と「、」


books

小学校のころ、文章を書くときは「、」と「。」を使いましょうと習いました。たしか。随分昔の話ですが…

その後、成人した私は法律事務所に勤めることになり、裁判所の書類やさまざまな公文書、弁護士の作る書類や手紙をたくさん目にすることになりました。そのころは司法書士の勉強を始めたころだったので、「これが公正証書か〜」「これが権利証か〜」などと、初めて目にする書類にワクワクしたものです。

続きを読む

雇用関係の一般先取特権に基づく債権差押命令の申立


■未払給料で困った場合は…

会社からの未払いの給料については、「先取特権」という権利に基づいて強制執行が可能です。

続きを読む

司法書士の仕事【裁判編】8

  • 2012年09月05日
  • 裁判事務
  • 著者:司法書士 山内隆之

■相談事例で見てみる債権回収 その4

前回から時間が経ってしまいましたが、司法書士が実際にどのように相談を受けて、訴訟を受任し、債権の回収を行うかというのを、会話形式でのぞいてみます。A子さんが、貸したお金の回収について、地元の司法書士のY内さんに相談をするという設定です。(注・登場人物は全て架空の人物です)

A子「Y内さん、ずいぶんトイレが長かったようですね。」

Y内「コホン、これは失礼しました。かれこれ半年も経ってしまいましたね。ところでどんな話題でしたでしょうか。」

A子「えーと、前の記事によると少額訴訟のことについてですね。」

Y内「そうですね。少額訴訟についてはご存じですか?」

続きを読む

支払証明書をなくしたら

  • 2012年04月20日
  • 裁判事務
  • 著者:司法書士 山内隆之

強制執行の話ですけど、例えば銀行預金差押をして、他にも債権者がいて同じ預金に差押をした場合。

もし預金が、全ての債権者に返済しようとしても足りないというときは、基本的に債権額に応じて配分されます。

続きを読む

司法書士の仕事【裁判編】7

  • 2012年02月27日
  • 裁判事務
  • 著者:司法書士 山内隆之

■相談事例で見てみる債権回収 その3

前回に引き続き、司法書士が実際にどのように相談を受けて、訴訟を受任し、債権の回収を行うかというのを、会話形式でのぞいてみます。A子さんが、貸したお金の回収について、地元の司法書士のY内さんに相談をするという設定です。(注・登場人物は全て架空の人物です)

続きを読む

司法書士の仕事【裁判編】6

  • 2012年02月22日
  • 裁判事務
  • 著者:司法書士 山内隆之

■相談事例で見てみる債権回収 その2

前回に引き続き、司法書士が実際にどのように相談を受けて、訴訟を受任し、債権の回収を行うかというのを、会話形式でのぞいてみます。A子さんが、貸したお金の回収について、地元の司法書士のY内さんに相談をするという設定です。(注・登場人物は全て架空の人物です)

続きを読む

司法書士の仕事【裁判編】5

  • 2012年02月21日
  • 裁判事務
  • 著者:司法書士 山内隆之

■相談事例で見てみる債権回収

引き続き司法書士の仕事の紹介です。

今回は司法書士が実際にどのように相談を受けて、訴訟を受任し、債権の回収を行うかというのを、会話形式で書いてみたいと思います。

A子さんが、貸したお金の回収について、地元の司法書士のY内さんに相談をするという設定です。(注・登場人物は全て架空の人物です)

続きを読む