生活保護とデフレ


月曜日に「つながる総合相談」の相談員として参加してきました。

この相談会は、弁護士、司法書士の相談員と、ホームレス支援団体の方々やボランティアで運営されていて、法テラスが共催しているもので、毎月1回行っています。

生活保護の申請や、法律問題、いのち、すまいの問題など、なんでも相談できる場所ということで、ここのところ毎回150人近くの相談者がこられているそうです。

私もここのところ、都合が合わずに参加できなかったので(すみません…)、久しぶりに長時間居ました。

生活保護を申請したいという方や、売掛金を回収したい、戸籍のことなどで相談を受けました。

そのなかでも生活保護は、実際に申請の支援をするんですが、ご本人が申請に行く前に私から福祉事務所に電話をしてお願いをしておいたんですが、翌日ご本人から「なんだか施設に入れられてしまいそう」と電話がありました。

 

まあ、その施設はひどいところのようで、路上生活者の間でもよく知られているのですが…

 

その誘導のしかたがひどいんですよね。施設はとてもいいところとか言って、本人が施設はいやだと言っているのに、拒否するなら生活保護申請を受け付けないとまで言われてしまって、それで電話がきたんです。

 

まあ、そんなのは昔からあるんですが、いまだに同じような対応をするのかと、ちょっと腹立たしいですね。

 

その時は、結果希望通りに施設に行かずにすんでよかったです。

それもこれも通称ノイエ本のおかげ↓

路上からできる生活保護申請ガイド―生活保護申請書付 路上からできる生活保護申請ガイド―生活保護申請書付
価格:¥ 1,000(税込)
発売日:2010-02

相談会ではこの本を生活保護申請希望者にお配りしていましたので、今回担当した方も生活保護申請の際の自分の権利を理解されましたので、自分の希望を通せたわけです。いやー、すばらしい。やはりはだかで行って、もっともらしいことを言われると、どうしても納得してしまいますからね。しかも通常生活保護を申請する人は引け目を感じてしまっていますので、福祉事務所のいいなりになってしまいます。

 

そういう方への強い味方ですね、この本は。非常に読みやすくてイラストもかわいい本です。

 

それと、最近読んだ本

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)
価格:¥ 777(税込)
発売日:2010-01-16

わたしは経済学は素人ですが、この本は読みやすく、よく理解できました。

世の中の報道や論説も、疑ってかからないとイケナイということを改めて認識しました。また、不況の原因と今後の打開策について述べられており、なんだか希望のもてる本ですね。経済学にもちょっと興味がわいてきました。

 

ちょうど生活保護の件があったので、景気と結びつけて考えてみましたけど、たとえば路上生活者は空き缶拾いで月1万円の収入とか、全く収入のない人もいるわけで、そういう人たちは世の中のお金の循環という観点からは、ほとんど存在していないのと一緒ですよね。

 

生活保護を受けたら、保護費はほぼ100%世の中に回るお金になるんですから(家賃の支払いや、食費など)、お金が世間に流れますよね。子供手当てよりも効果があるんじゃないかしらん。

 

保護受給者が、住所を安定させて、再び仕事を見つけて生活保護を脱出し、その市区町村の市民となって納税する側にまわれば、市区町村にとってもいいですよね。

 

生活保護それだけで景気が回復するとは思えませんけど、生活保護費を支給することは、実は隠れたメリットがあるのではないかと、この本を読んでちらっと思ったわけです。

 

生活保護の申請を支援する側としては、本当に保護を必要とするひとの門前払いはやめてほしいと思いますね。当然、不正受給は許されませんから、そのチェックは必要ですが。

司法書士試験のこと


つい最近、司法書士試験のことが話題にあがって、ちょっと昔のことを思い出したので、司法書士試験のことを書きたいと思います。

 
私は、司法書士試験の合格が平成17年です。司法書士を目指そうと思って勉強を始めたのは、平成12年ですから、合格するまでに約5年かかりました。(優秀ではないということですね)

 

司法書士試験のことを書く前に、まぁ前置きということで、なんで司法書士を選んだか、いくつか理由があるのでそれを書きます。

 

1 なんでもいいから、会社勤めではなくて、独立して生計を立てたかった

 
ちょうど学生の時、山一証券が破綻して、ショックを受けたんです。いい会社に勤めたとしても、一瞬で職を失う可能性があるんだな、と。自分の責任以外のところで生活に影響が出てしまうのは、なんか嫌だなと思ったんです。

 

2 学生の時に先輩と事業を始めようとした

 
わたしは大学時代オーケストラをやってたんですが、その頃先輩と二人で、弦楽器の弦を仕入れて、ネットショップで売るという事業を思いつき、計画したことがあります。これは頓挫しましたが(なんで終わったか覚えてませんが、自然消滅だと思います。)、そのときにどういう法律があって、お店をやるためには会社にしたほうがいいのか、個人でやったほうがいいのか、さっぱりわからなかったんですね。ようするに世間知らずだったわけです。
それで、そのときに法律をある程度知っておかなければいけないな、と思ったんです。

 

3 ナニワ金融道を読んだこと

 
これが理由としては一番大きいかもしれません(笑)

これも漫画で読んだんですが、とても好きな漫画でしたね。何というかリアルで、絵も好きでした。街中にある会社名の看板とかも好きでしたね。
それを読んで、世間や法律を知らないと、損をするどころか、人生を踏み外す可能性がある、ということを知ったのです。

また、法律を知っていれば、他人を助けることができる、ということも知りました。このマンガは、下品な要素はありますけど、いろんな教訓が得られるいい本だと思います。

 
大阪では中学生から読むマンガらしいですね(笑)

昔バイトで一緒だった大阪出身の人が言ってました。

劇中司法書士が登場しますが、その司法書士が私が人生ではじめて遭遇した司法書士です。メガネかけて、腕カバーをしている人です。一瞬しか出てこない脇役も脇役ですが、なんとなくそこはかとない愛着を感じたのです。

 

4 某予備校の広告

 
自分の進路を考えたときに、独立するにしてもお金がないので、お金がそれほど無くても独立出来る士業を考えました。
その中で、法律関係の資格がいいなと思いました。
私は、法学部ではなくて中国文学だったので、司法試験は全く考えませんでした。難関だし、これから法律の勉強をするなら無理だろうとアタマから決め込んでましたので。
それで、某予備校のパンフレットに、司法書士が平均売上1400万円だということが書いてあったんですね。
わたしは、はなしはんぶんでも700万稼げるならいいなぁと思って、司法書士試験を受けることに決めたのです。

 

5 法律が今後重要になるような気がした

 

学生のときに、アメリカは訴訟社会と言われているくらい裁判が多いことを知り、日本は国民性のためか裁判をあまりしたがらない、と知りました。でも都会では、あんまり近所との付き合いもないし、日本もアメリカのような社会に変わるかもしれない、明治維新から日本は欧米をおっかけてきたもんね、と漠然と考えて、将来的にはやっぱり法律を知っている方がいいんじゃないか、と思ったんです。

 

これくらいの理由で法律関係の資格で、司法試験ほど困難ではないもの、ということで司法書士を選びました。

 

そんなこんなで、法律のど素人が、一から勉強することになりました。

受験勉強生活のことについてはまた書きたいと思います(^^

クララ・シューマン

  • 2010年04月21日
  • 日記
  • 著者:司法書士 山内隆之

DVDを借りて観ました。「クララ・シューマン 愛の協奏曲」

面白かったですね。副題が愛の協奏曲となってますがあんまりラブロマンスって感じではなく、印象的なのはロベルト・シューマンの方でしたね。

ロベルトの鬼気迫る感じもよかった。ブラームスがハンサムでやんちゃな感じは面白かった。

当時の雰囲気とか、観てて楽しい。子供たちもかわいい。

寝っ転がって観るにはいい映画でした。つまらない映画や、ややこしい映画では寝てしまう私でも寝ずに観られました。

 

こないだ友人にオケ誘われましたが、時間があんまり取れそうにないので断ってしまいました。今年はライフワークバランスを整えて、来年はオケもやろうと思います。

最近家ではちょこっと弾いてます。あんま腕は落ちてない気がするのは耳が衰えてるからかもしれません。

伊豆大島でダイビング


初の大島旅行。一日目の高校教室が終わってから、ダイビングのできるペンションに行きました。
その日に奥さんは一本潜りに行く。
私はペンションで子供を抱えて待機。海辺でたそがれていました。
(ペンションでお昼に出た「べっこう丼」。べっこう漬の上に島のりがのってる。べっこう漬けとは…白身魚の切り身を唐辛子醤油で漬け込んでべっこうのような色になったという、島の郷土料理だそうな)
次の日は、私も一緒に潜りに行きました。この時期はウェットスーツで潜る強者はいないということで、 ドライスーツを初めて着ましたよ。
ドライスーツは、中にジャージやらフリースやらを着込んで、その上にスーツを着るというもの。タンクからスーツにつないで、水中で空気を入れたり出したりできるというわけです。

首から水が入らないように、ゴムで首を縛るんだけど、これが苦しくて、目玉が飛び出そうに。水中で窒息死するかもと思いましたが実際に海に入るとそう苦しくもない。

潜っていくと水圧がかかってくるので、中の洋服が体に食い込み、体中にアザができました。
空気を入れると楽になるけど、その分体が浮きやすくなるので、中性浮力を取るのがかなり大変。
ウェットとはかなり勝手がちがいますな-。
リゾートダイバーの奥さんも苦戦した模様。 

ただでさえ一年半ぶりのダイブなのに、全然うまく体を操れず、素人丸出しで潜ってきました。

最初の一本は、空気残圧かなり少なくなり、インストラクターに首根っこ捕まれてすいすいーと岸に戻されました。 

海の中は思ったよりもいろんな生き物がいて、カラフルな熱帯魚風の魚もいたりして、なかなか面白かった。

ヤリイカの卵とか、クモみたいな謎のエビとかみれました。
まあ泳ぐのに夢中であんまり周りを見渡す余裕はありませんでしたがね。

久々のダイビングはおもしろかった。機会があればまた行きたいですね。

法律教室:都立大島高校


■3月のことですが、伊豆大島の都立大島高校へ行きました。

東京司法書士会では、学生・生徒さん向けの法律教室を開催しているんですが、http://www.tokyokai.or.jp/about/public1.html

私は昨年から、法律教室を企画する委員の一人として参加しており、今回伊豆大島の都立大島高校から申し込みがあったので、「お、これは島に行くチャンス!」と思って手を挙げたんです。

東京司法書士会からは、6名が参加しました。それに加えて、大島で開業されている司法書士の先生も参加し、かなり大人数での興業となりました。

私個人的には、奥さん子供も連れていって、半分旅行気分でしたが(^^;

竹芝桟橋からジェット船に乗り、一路大島へ。

(大島の二つの港のうちのひとつ、岡田港)

(大島の海!!)

 

当日に出発すると、法律教室の開始時間に間に合うかどうか、時間的に厳しいということで、前泊しました。大島高校の近くの温泉旅館でしたよ。

私は最初、ビデオ撮影係として行ったのですが、前日の飲み会の雰囲気により、本番で話もすることになってしまいました。端役ですけどね。

(大島の刺し盛)

 

■大島高校

大島高校はでかかった。グラウンドは広いし、校門から校舎に至る道にはソテツのような南国的な植物が植えられていて、23区内の高校とは雰囲気が全然ちがいました。

もちろん海も見えるし、校内も広い。この環境はうらやましいと思いました。

 

大島高校の先生によると、大島の高校生は、8割くらいは島を出て都心に行き、進学または就職するんだそうです。素直で純朴な子が多く、都心に行ったときに悪質商法にかかったり、騙されたりしないか、そういうことが先生にとって心配だそうです。

そこで今回の法律教室は、そういう被害を予防するための基礎知識を身につける、という目的で依頼されたようです。

 

■法律教室

翌日、法律教室を開きました。生徒さんは80名くらいだったかな。

進め方は、司会が一人・回答者が三人おり、司会が出すクイズに対し、三者三様の答えが出るので、そのなかで誰が正しいと思うかを、生徒さんに考えてもらう形式です。

そして、どうしてそう思うかを、司会が生徒にインタビューしたりします(O先生がインタビューするんですが、これが面白くて、私は大好きなんです)

生徒さんも、いろんな意見が出るのでおもしろいんですよね。

その後、正しい回答を解説します。

この形式だと、生徒さんも飽きずに聞いてくれる確率が高くなります。東京司法書士会の三多摩支会で編み出された方式みたいです。

クイズの内容は、アルバイトのトラブルだったり、インターネットのトラブルなど、身近な問題を取り上げています。

とまあ、司法書士会はこのような活動も行ってます。ということで紹介しました。

法律教室の開催は、各地の司法書士会でけっこう前からやっているみたいですね。

 

 

 

法律教室を終えて、司法書士のみなさんは解散、私と奥さん・子供はさらにもう一泊し、第2の目的であるスクーバダイビングへと向かったのでした。(続く)

照明をいじった

  • 2010年04月15日
  • 日記
  • 著者:司法書士 山内隆之

うちのオフィスの照明は、スポットライトです。

三軒茶屋の部屋に住んでたころに使ってたんですが、用賀に引っ越ししてからタンスにしまわれていたのを、奥さんの許可を得てオフィス用に使わせてもらっていました。

 

雰囲気はいいんだけど、オフィスとしてはちょっと暗い。

そのうち間接照明などを使って、明るくしようと思っていました。

 

今日のお客さんが、インテリアデザイナーをされてる方で、「ライトが暗いんですけどどうしたらいいですかね」と聞いてみたら、スウェードを外せば明るくなりますよ、とアドバイスをしてくれました。

全然気づかなかった…

そして、試してみたら、事務所が明るくなりました。(写真じゃ分かりにくいけど)

 

プロに聞いてよかった(^^

ありがとうございました!!

地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発


地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発

2010.4.14 12:22 産経ニュース

 鳥取県内の行政書士が弁護士資格を持たないのに示談交渉を行った疑いがあるとして、大阪弁護士会は14日、弁護士法違反(非弁活動)の罪でこの行政書士を大阪地検特捜部に告発したと発表した。

 発表によると、行政書士は平成20年12月~21年1月、大阪府内の女性から内縁の夫の不倫相談を受け、着手金8万円で不倫相手に慰謝料を請求したり和解を勧めたりするなど、少なくとも3回交渉したとしている。弁護士会の調査に対し行政書士は「交渉ではなく提案だった」などと弁明したという。

 非弁活動をめぐって大阪弁護士会は、司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市中央区)の運営法人などを大阪府警に告発したほか、TBSドラマ「特上カバチ!!」で描かれた行政書士の業務内容に関しTBSに抗議するなど、反発を強めている。

———————————————–

特上カバチは、ドラマを少し見たけど、「行政書士は書類作成しかできませんが、書類作成の報酬だけをいただき、交渉の報酬をもらわなければ交渉もできます」みたいなことを説明していて、これはひどいと思ったもんですが…。

認定司法書士の場合は代理権が140万円以内と決まっているので、代理できるかどうか、慎重に検討してから示談交渉を受任します。140万円を超えると非弁行為になるので。

タランテラ - タルティーニ

  • 2010年04月14日
  • 日記
  • 著者:司法書士 山内隆之

(タルティーニ「悪魔のトリル」の楽譜。左上は息子のごはん)

先日二子玉川の司法書士のK先生に「タランテラっていうのはタランチュラのことで、タランチュラに咬まれた人が毒を散らすために踊るときの音楽です」ということを教わりました。

へ~、知らなかった(^^;

毒を散らすために踊り狂ったら、余計に回って死んでしまいそうですね。

タランテラって知ってますか?と聞かれたんですが…

そういえば代表的な曲って、あんまり知らないなぁ。タランテラ、タランテラ…、タルティーニなら知ってる。

★   ★   ★

 

 

それで今日。iPhoneのアプリでタルティーニの「悪魔のトリル」を聞きながら、裁判所に行きました。

オフィスに帰ってきてインターネットラジオを聞いてたら、「悪魔のトリル」が流れました。うーん、何の符合?

で、家に帰って来て奥さんにご飯を作ってもらってるときに、そうだ、タルティーニの楽譜があったなあと思って、引っ張り出して悪魔のトリルを弾いてみました。

ひさびさに弾いたら面白いね、バイオリン。またオケやりたいなぁ。

 

弾いてる間、10ヶ月の息子が不思議そうにこっちを見つめていました。

なんか、このヘタクソっ!て言外にこめられている気がしましたよ。

 

それと、ベートーヴェンのクロイツェル・ソナタの3楽章はタランテラなんですってね。これも教えてもらいました(^^

クロイツェル・ソナタはどう逆立ちしたって弾けないっスね。

コーヒー


近頃はオフィスでコーヒーを淹れてます。缶コーヒーばっかり買ってたんだけど、お金がもったいないので。

挽き立ての豆で落とすのは、やっぱり缶よりうまいです。

写真のケトルとミルは、義父からいただいたもの。

家にしばらく置いておいたんですが、家では来客時しかコーヒーを淹れていないかったので、事務所用に持ってきてしまいました。

ケトルは電気で沸かすんだけど、これが早い。

豆を挽き終わったころにはもう沸いているので、時間がかからなくていいっす。

 

コーヒー好きのお客さんからもらったモカを飲んでます。なんでもうまいとのことで、わざわざ持ってきてくれました。これがやっぱりうまい!

最初に買った某コーヒー店の豆は、手が伸びなくなってしまいましたよ。

 

用賀のお昼ごはん


最近、よく選択するようになったお店「のどか」

用賀の司法書士のSさんが、たまに行くと言っていたので、私も行くようになったんです。今日は3回目かな。

http://www.cafe-nodoca.com/index.html

事務所から歩いて10秒くらい。今日はここで「さばベジ弁当」を買って食べました。

量はあんまり多くないので、がっつり食べたい私にはちょっと物足りないけど、ちょうどダイエットでカロリー制限を考えているこの春、ちょうどいいのです。

米は玄米。普通玄米100%だったらぼそぼそして食べにくいはずなんだけど、ここのはもちもちしてて食べやすく、おいしい。サイトみたら圧力鍋で炊いているんですね。

サバみそ煮も、うまい。味付けは完璧だと思いますね。

そして、いろんな種類の野菜が入っていて、これがいいんですよ。

全て丁寧につくられている感じ。材料が小さくカットされている。

すげー やっぱり小さくきれいにカットすることは大事ですね。

なんというか、小さいものって日本人の心というか、日本人ならではというか、技術大国ですね。小さく切るから、味もいい気がする。

私が料理するときは、ざっくり大きく切るので、大味です。こんどからは細かくしたいと思います。