子供に本物を見せよう月間

  • 2010年06月08日
  • 日記
  • 著者:司法書士 山内隆之

先週、先々週と、子供を連れて動物園に行きました。

 

家では絵本とかで動物のイラストを見せていますが、本物を見るより先に絵を見て覚えるのは、順番が逆じゃないかな?と思ったのです。

うちの子はまだ11ヶ月で、あんまり意味はないかもしれませんが、自分もついでに動物について学ぼうということで…。

 

というわけで今後しばらくは毎週動物園&水族館巡りをします。

 

で、先々週は上野動物園に行ってきました。久々に行きましたが、なかなか見応えがあります。

 

 

やっぱ面白いのは猿山ですねぇ。

カメラを持って行くのを忘れて、iPhoneで撮ったのでズームできず、写真がえらい小さいですが…

 

猿の母子が何組か居て、子猿がいろんなものに興味を持ってあっちこっちうろちょろするところを、母猿が足を引っ張ったり、連れ戻したりして、まるでうちの奥さんと子供のようでした(笑

 

猿山はずっと見ててもあきませんね。

疲れた企業戦士が平日に動物園に来て、猿山を眺めつつ人間社会を思う、という光景が勝手に思い浮かびます。

(ちなみにうちの子猿です)

 

先週は、ズーラシア(よこはま動物園)に行きましたよ。

ここは初めて行きましたが、テーマパークっぽくてなかなか良かったです。ディズニーランドにちょっと似てるかな。

 

(ぞうさん)

 

入り口の記念撮影で「オカピース」をしました…。ズーラシアはオカピー押しです。オカピーって私は知らなかったんですが…

 

(オカピー)

オカピーはなかなか綺麗な図体をしていましたよ。

 

珍しい猿たちが居て、面白かったですね。上野動物園とはまた違った動物が居て、良いです。

 

(がおー)

(↑これはチンパンジー)

写真がないですけど、たてがみのある猿なんか居て、なんだか神様みたいでした。手塚治虫の火の鳥に出てくる猿田博士みたいな猿がいました。ズーラシアは猿特化のようです。

いろんな地域の神様のモチーフは、人間以外の動物だったりしますが、こういうのを見ると分かる気がします。

 

 

あと、めちゃくちゃカラフルな鳥とか見ると、こういうデザインって誰が考えたんだろうか、と思いますね。

私は宗教的な思想とかは特にないんですけど、こういうのを見ると、自然以外の何かの存在ってあるんじゃないかなと、思ったりします。そういえばダイビングのときに見る水中の生物を見ても、似たようなことを感じます。

 

こうちんは寝たり起きたりで、動物はそんなにガン見はしてなかったっすね。

まあこの映像が脳裏に焼き付いてくれるでしょう。多分。

 

 

そして、お土産に動物のフィギュアを買いました。

こうちんはオカピーフィギュアはなかなかお気に入りのようですね。

(買ったフィギュアたち。)

 

しかし、動物園を歩き回るのはなかなか疲れます。歩きますからねぇ…

 

さあ次回は江ノ島の水族館に、リアル水中生物を見せに行きますよー

日本成年後見法学会に行ってきました


5月30日土曜日、日本成年後見法学会の第7回学術大会に行ってきました。
 
日本成年後見法学会は、学者や、弁護士、司法書士、社会福祉士等の実務家で構成している学会です。
 
成年後見制度は施行10年を迎えて区切りの年です。
様々な実務上の問題点などがあがっていて、勉強になりました。
 
成年後見については、認知症患者や精神病疾患により自己の財産を管理できない人のために、後見人が本人に代わって財産管理や法律行為を代理します。たとえば、認知症のお年寄りであれば、日常の生活費の管理、老人ホーム等の契約などを代わりに行います。
 
成年後見制度の英訳は「Adult guardianship system」で、こっちだと本人を守る感じがよく分かるような気がしますね。
  
現在の認知症患者は200万人、そのなかで成年後見制度で保護を受けているのが12万人ということです。
認知症患者は2035年には400万人を超えるという推測があるということです。
 
重要な問題であり、司法書士としても大きく関与している分野です。
 
個人的には、今年ようやく司法書士が運営する成年後見の団体であるリーガルサポートに入会しましたので、私も勉強して実務に携わっていこうと思います。
 
 
今年10月には、成年後見法の世界会議が開催されるようです。
 

http://www.wcag2010.org/index_j.html

 
こっちも行ってみたいと思います。

まだまだやってる自転車通勤


先週は一日おきに雨が降ったりして、自転車に乗れない日があって残念でした。
 

今週はいい天気で気温も低め。自転車で走るには最高ですね。

晴れている日は基本自転車です。

 
最近は四谷くらいなら楽勝ですね。疲れもないのでもっと走れそうです。

 

用賀・四谷間でけっこうきついのは池尻大橋の橋を登るときと、渋谷の坂を登るときです。

こういうときは筋トレと考えて、全身で立ちこぎします。

坂はきついなぁ…と考えてしまうと、おっくうになってしまい、自転車も嫌になってしまいそうですが、体を鍛えて基礎代謝を向上させ、おいしいものをいくら喰っても太らない体をつくる!と思ってやると楽しいです。

 

立ちこぎは腕を引く力も使うらしいですね。

最近は、背筋を使ってハンドルを引いて、それにプラスして臍下丹田に力をこめると楽に登れる気がします。

  

もっと遠くまで行きたくなってきましたよ。

とりあえず、7月に江ノ島で全国青年司法書士協議会の研修会があるので、チャリで行ってみようと思います。