風張峠2回目

  • 2011年06月23日
  • 日記
  • 著者:司法書士 山内隆之

昨年冬から今年の春までほとんどロードバイクに乗っておらず、せいぜい通勤で使うくらいでした。
いろいろと身の回りが忙しく、長距離は行けませんでした。
決して寒いから行きたくなかったというわけではありません(笑
運動もしていなかったので体重も増加。
これはまずい、というわけで久々に行ってきました。
今回の目的地は風張峠。
毎度のことながら、シスの暗黒卿と同様、師匠と弟子の二人だけでこっそり行きます。
 
 
去年行ったときはまぁ大変でしたけど何とか行けました。
というか大変でしたっけ?全然辛かった記憶はない!
都民の森の休憩所でおいしい団子を食べた記憶しか…(^^;
 
 
今年も余裕だろうと、以前と同じような感覚で走っていました。
 
 
 
 
しかし…、それが甘かったようで、結果はさんざんでした。
  
まず、自宅から多摩川を上って行く途中で、すでにしんどかったんですが…
久々にサイコン見ながら走っても、スピードもケイデンスもあがらないw
しばらく使ってなかったサイコンが狂ってるのでは?と半分疑う始末
 
坂道も前回は一度も足をつかずに行けたのが、
なんども降りて休憩することに…
峠に着く頃にはもうクタクタでした。
景色を見る余裕もなく、写真もなし
師匠から写真をもらいましたが、ひどいのでのせません(笑
 
 
というわけで折角ホイールもバージョンアップしたのに、
肝心の動力が大幅グレードダウンしたため
全くホイールの効果が分からず、残念な結果に終わりました。
 
まあ、めげずにまた山に行こうと思います。
秋の駅伝カーニバルにも参加しますとSさんにも伝えたし、
少しは鍛えたいと思います。
 
 
 
あ、それと、道中で、師匠の友人Mさんと遭遇しましたが、
私が坂でヒーヒー言っているのを横目に、
すいすいと坂を上って行きました。
 
御年68とおっしゃいますが、尋常じゃないですね。
私もそのくらいの年まで元気でいたいと思うので、
自転車は続けたいと思います。