クララ・シューマン

  • 2010年04月21日
  • 日記
  • 著者:司法書士 山内隆之

DVDを借りて観ました。「クララ・シューマン 愛の協奏曲」

面白かったですね。副題が愛の協奏曲となってますがあんまりラブロマンスって感じではなく、印象的なのはロベルト・シューマンの方でしたね。

ロベルトの鬼気迫る感じもよかった。ブラームスがハンサムでやんちゃな感じは面白かった。

当時の雰囲気とか、観てて楽しい。子供たちもかわいい。

寝っ転がって観るにはいい映画でした。つまらない映画や、ややこしい映画では寝てしまう私でも寝ずに観られました。

 

こないだ友人にオケ誘われましたが、時間があんまり取れそうにないので断ってしまいました。今年はライフワークバランスを整えて、来年はオケもやろうと思います。

最近家ではちょこっと弾いてます。あんま腕は落ちてない気がするのは耳が衰えてるからかもしれません。

コメントを残す