個人再生で車を保有している場合


■個人再生の申立の際、自動車は手放す必要がある?

自動車は、手放さなくていい場合と、手放す必要がある場合があります。
主に自動車ローンを利用しているか、所有権留保(車の所有権をローン会社が保有すること)の約定があるかどうかにかかってきます。

■自動車に保有が個人再生手続に与える影響

個人再生の手続は、一言でいえば、多額の負債をある程度を免除してもらって残りを分割で支払っていくための手続きですが、最低限支払わなければならない金額というものがあり、その基準が法律で定められています。
そして、裁判所に個人再生の申し立てをする際には、持っている資産を申告する必要があります。
その資産をお金で評価した合計金額が、最低支払わなければならない金額の基準の一つになります。(他にもいくつか基準があります)
車を持っている場合ですが、自動車はこの資産に入りますので、中古自動車販売店などで査定してもらって、査定額を出します。
自動車ローンがなければ、自動車はそのまま保有していても、通常は問題ありません。

■自動車ローンを利用している場合

ところで、自動車をローンで購入した場合で、ローンが残っている場合は、そのまま保有するのは基本的には難しいです。
というのは、通常ローン会社の所有権留保がついているからです。車検証を見ますと、所有者欄がローン会社になっていたりします(なっていない場合もあります。その場合は契約書等で確認できます)。

個人再生など債務整理の手続きを始めた場合には、支払を停止しますので、期限の利益の喪失と言ってローンの全額一度に支払わなければならなくなります。一括返済ができない場合は、ローン会社が車を引き上げて売却し、ローンに充当します。

それでも完済ができず、車がなくなってもローンだけ残っている場合には、その残りのローンを個人再生の手続きに乗せていくわけです。

■所有権留保がないケース

所有権留保がないケースというものもあります。
私のところで実際に扱った案件ですが、その方が私の事務所にお越しになる前に他の無料電話相談で相談をしたところ、車を持ったまま個人再生はできないので売るしか無いと言われたそうです。しかしご本人は仕事上どうしても車が必要でした。
そこで、なんとかならないかということで私の方に相談に来られました。

自動車ローンの契約書や、銀行からの債権届けを詳細を確認してみると、ある信用金庫の金融機関のローンを利用していて、車に所有権留保はついていませんでした。
ということは自動車は担保には入っていなかった、ということですね。
担保に入っていなければ通常の資産と同じ扱いですので、自動車ローンの返済を停止したとしても、自動車の売却では必須ではなくなります。

というわけで、自動車を保有したまま、個人再生の申し立てをし、自動車を維持することができました。
もちろん自動車ローンも、再生計画にしたがって免除を受けましたので、圧縮されました。
(ただ、車が高価な場合には清算価値に影響を与えますので、返済額が増えてしまう可能性はあります。)

電話の相談や、時間の限られた無料相談などでは、実際の権利関係や書類等を詳細に検討できない場合もありますので、実際に書類等を確認した上で判断してアドバイスすることは必要だなと思った次第です。まあこれは当たり前の話ですが…

コメントを残す