裁判・示談交渉のご依頼についての報酬と費用

HOME → 報酬と費用 → 裁判の報酬と費用

著者:司法書士 山内隆之(東京司法書士会所属)

裁判・示談交渉のご依頼についての報酬と費用

1.訴訟代理・示談交渉 (簡易裁判所)

 140万円以下の請求で簡易裁判所の訴訟代理についての報酬です。着手金は受任時に必要な費用、報酬は判決や和解で認められた金額に対してかかります。

※ 事件の複雑さや、当事者の数などにより、費用が変わります(事前のお話し合いにより決定)。下記の表は、当事者が原告1名・被告1名で、特に複雑困難ではないケースを想定した料金表です。

※ この他、実費(訴状貼用印紙代、予納郵便切手代、交通費、コピー代、郵便料等の実費を申し受けます。

事件の種類 司法書士報酬
通常訴訟・少額訴訟
民事調停
以下の表により計算します。
経済的利益の額 着手金 報酬金
50万円未満 54,000円 10.8%
50万円以上 70万円未満 64,800円
70万円以上 90万円未満 75,600円
90万円以上 110万円未満 86,400円
110万円以上 97,200円
即決和解
(訴え提起前の和解)
着手金 32,400円
報酬金 経済的利益の5.25%
   
支払督促 着手金 32,400円
報酬金 経済的利益の5.25%
   
少額訴訟債権執行 報酬金 32,400円    
仮差押命令申立
(不動産、債権等)
着手金 54,000円
報酬金 54,000円
   

2.裁判書類作成業務・本人訴訟支援
  (簡易裁判所、地方裁判所)

事件の種類 司法書士報酬
訴訟、保全事件等 事件の難度に応じ、協議の上定めます。
訴状・答弁書
準備書面書証作成
1枚につき 5,400円
打ち合わせ・調査等 30分につき 5,400円
出張日当
(裁判所同行など)
移動時間含め
半日(4時間以内)21,600円
全日(4時間超)43,200円

3.裁判書類作成業務 (家庭裁判所)

事件の種類 司法書士報酬
相続放棄申述受理申立書 相続人一人につき54,000円
同一の被相続人で相続放棄者が一人増えるごとに
32,400円加算
相続限定承認の審判申立書 54,000円
成年後見、保佐、
補助開始申立書
86,400円
任意後見契約 86,400円
遺言書検認申立 32,400円

法テラスの費用立て替え制度

依頼したいけどお金の用意がむずかしい…」という方には、法テラスの法律扶助制度(司法書士費用等の立替払制度)の利用をおすすめします。

ご依頼・ご相談

初めてのお客様は、初回のご相談(30分)を無料とさせていただいております。
面談相談・電話相談は午前8時から午後10時まで。事前にご予約ください。
休日・夜間のご相談も対応しますので、ご相談ください。

03-4405-6941

totop