契約書等のリーガルチェックサービス

HOME → 契約書等のリーガルチェックサービス

著者:司法書士 山内隆之(東京司法書士会所属)

契約書等のリーガルチェックサービス

・契約書を作ってみたけど、これで十分かどうか心配!
・こういう契約にしたいんだけど、どう書いていいかわからない…
・いままで契約書を作らずに取引していたけど、今後は必要かなぁ…

 当事務所は、契約書等の事前の確認作業(レビュー、リーガルチェック)を取り扱っております。

 取引を行う際に、契約書等の作成はかかせません。契約書は、取引の内容を明確にするとともに、後日トラブルになった場合の証拠となります。

 当事務所で売掛金の回収などのご相談をいただくときに、まず契約書などの証拠資料を確認します。ところが、契約書がないというケースもよくあります。親しい関係なので作っていないとか、業界の慣習として作っていないということがあります。

 万が一取引先が不払いになってしまったときに、契約書は裁判で重要な証拠になります。 どのような取引内容か、代金はいくらか、その支払日はいつか・・・など、契約書がないとどういった契約があったかわからず、場合によっては裁判で認められる可能性がなくなってしまうこともあります。

そうなる前に、専門家のチェックを受けておけば、万が一のときも安心です。

~ご依頼の流れ

  • 費用お見積りのための事前の契約書等の案文の受け取り
    (司法書士には司法書士法第24条により守秘義務が定められておりますので、秘密保持契約(NDA)を結ばないことが多いですが、ご希望により締結をします)
  • 費用および納期のお見積り
  • 依頼のお申込み
  • 意見・修正案等とともに納品

報酬と費用

当事務所では、当事務所の報酬規定に基づき、明確な報酬額を定めております。 ご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。 事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、安心してご依頼いただくことができます。

ご依頼・ご相談

初めてのお客様は、初回のご相談(30分)を無料とさせていただいております。
面談相談・電話相談は午前8時から午後10時まで。事前にご予約ください。
休日・夜間のご相談も対応しますので、ご相談ください。

03-4405-6941

totop