依頼者の方が気兼ねなく訪れ、相談して良かったと思われる事務所作りを心がけています。
一人で悩まず、ぜひ当事務所にご相談ください。

ご相談から裁判手続までの流れ

まずはお電話・メールでのご予約

休日・夜間のご相談、出張相談も対応しますので、ご相談ください!
法テラスの相談援助を利用する場合、ご依頼をいただく場合は相談料無料です。


 

ご事情を丁寧にお伺いします!

法的知識と経験に基づき、解決方法をご提案。
一緒に考えましょう。


 

かかる費用は事前にご説明

ご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。
 事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、安心してご依頼いただくことができます。


 

ご依頼を受けて訴訟活動をします

相手方に通知を送付するなどして交渉し、うまくいけば和解書を取り交わして終了です。

うまくいかない場合には訴訟を考えなければいけませんので、裁判で良い結果が出るように慎重に考えて行動します。


 

裁判所で訴訟

訴状提出からだいたい1か月半ほどで1回目の裁判です。だいたい1か月に1度のペースで裁判所で審理を行います。

結果が出て判決が出れば支払いを求めます。


 

強制執行の検討

裁判所で和解したり、判決をもらっても相手が払わない場合は、強制執行を検討します。 差押命令申立書の作成などもお引き受けしています。


 

 

料金について

費用の例1 20万円の貸金請求で示談成立の場合

任意交渉 21,600円(税込)
報酬 21,600円(消費税+和解金20万円の10%です)
実費 3,000円

費用の例2 50万円の敷金返還請求で裁判。30万円で和解

着手金 54,000円(税込)
報酬 32,400(消費税+和解金30万円の10%です)
実費 20,000(印紙代5,000円、予納郵便切手代等込み)

請求する金額が140万円以下の場合には簡易裁判代理人として、 裁判、和解、調停、示談交渉をすることができます。
 また、請求額が140万円以上でも、本人訴訟のサポートもできますので、ご安心ください。

ご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。
 事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、 安心してご依頼いただくことができます。
ただし、事件の複雑さや、当事者の数などにより、費用が変わります。

費用立て替え制度を利用できます

また、「依頼したいけどお金の用意がむずかしい…」という方には、法テラスの法律扶助制度(司法書士費用等の立替払制度)の利用をおすすめします。

アクセス

東京都港区赤坂7丁目3−37 カナダ大使館ビル1階
東急田園都市線 用賀駅下車 南口徒歩5分
瀬田交差点(玉川通り(国道246号)と環状8号線の交差点)近く
用賀インターから約500m

ご予約・お問い合わせ

03-4405-6941

受付時間

9:00〜18:00

(土日・祝を除く)

時間外はメール又はメールフォームでお問い合わせ下さい。

Copyright 2009-2016 Office Chor All Right Reserved.