司法書士による債務整理の総合ガイド

HOME → 債務整理 → 債務整理の総合ガイド

著者:司法書士 山内隆之(東京司法書士会所属)

債務整理とは… 法律に基づく借金(債務)の整理です。

 借金の返済に追われて、生活が苦しくなってしまったら… 「債務整理」という方法があります。

 司法書士や弁護士にがご依頼人と金融業者の間に入り、借金の返済を一時停止し、借金を法的に整理することで生活の再建を図ります。債務整理には、ご依頼人の状況に応じて様々な手続きの方法があります。

債務整理の手続きの流れ

司法書士の介入で返済をストップ!

 司法書士に債務整理を依頼すると、司法書士は依頼人から委任状をもらい、各金融業者に「受任通知」を送付します。

 受任通知で、(1)借金の返済を一時停止すること、(2)債務の調査のために取引履歴や債権調査票を提出すること、の2つを求めます。

 これで、とりあえずは借金の返済から一時開放され、生活の建て直しをはかることができます。

返済ストップでひと安心

取引履歴の開示・債権額の確定

 司法書士が取引履歴を受け取りますと、利息制限法に違反した高金利を取っている貸金業者については、利息制限法の制限利率で計算をし直します。これにより、債権額を大きく減らすことができる場合があります。もし利息を払いすぎている場合には、払いすぎたお金を返すよう求めます。
 また、消滅時効により支払いをしなくて良い債権については時効援用の通知を送り、ヤミ金融業者であれば、違法な貸付なので支払う義務がない旨を通知します。
 このようにして、最終的に支払わなければならない金額を確定します。

債務整理の方針決定・実行

 債務の総額を把握しましたら、依頼人の財産・収入などを慎重に検討しながら、手続きを選択します。

 債権者と原則利息免除の上で分割支払いをする「任意整理」、裁判所に申立てをして債務を免除してもらう「自己破産」、同じく裁判所に申立てをして、借金を大幅に減額してもらう「個人再生」、裁判所に調停の申立てをして、債権者各社と個別に和解をする「特定調停」などがあります。

 これらの方法により、借金問題を解決して新たなスタートを切ります。

借金を解決して新たな船出

 以下は、それぞれの手続についての解説です。ご参照ください。

totop