遺産整理業務

HOME → 相続 → 遺産整理業務

著者:司法書士 山内隆之(東京司法書士会所属)

 相続の手続は、金融機関、証券会社、保険会社の手続きや、年金・電気水道ガスの名義変更を行ったり、不動産をお持ちでしたら法務局(登記所)で名義変更の登記申請、自筆の遺言があれば家庭裁判所での遺言書検認手続、また、相続財産の額によっては相続税の申告を行うなど、多くの手続きが必要です 。
 そのような手続きの代行 を当事務所では行っております。

遺産整理業務

1.遺産整理業務とは

 なくなった方の遺産について、相続人の方へ引き継ぎを行う手続きです。相続人の間で対立がない場合に、相続人の皆様からのご依頼で行います。
(相続人の間で対立・紛争がある場合には、遺産分割の調停や、弁護士を代理人に立てることになります。)

2.どのようなケースに向いているか

 例えば、相続人の方がご多忙であったり、ご高齢の為手続きが難しい場合にご利用をおすすめします。
  また、相続関係が複雑で相続人が多数にのぼり、書類の取りまとめが大変な場合にも、複雑な手続きを司法書士事務所にお任せいただけます。

3.具体的なすすめ方

 まずは、戸籍謄本を収集して相続人を確認します。各種届出先にも提出が必要ですので、取得をすることになります。

 その後、もし遺言書が自筆遺言証書であれば、家庭裁判所に検認の申立てをします。

 遺言書や相続人間の遺産分割協議に従って、金融機関等に、相続人の皆様に代わって司法書士が遺産整理事務の代理人として、手続きを行います。

4.報酬について

 遺産整理業務の報酬は、遺産総額の1%(消費税別)、ただし、最低額は30万円を基準に、手続き先の数や相続人の数により、お話合いで定めます。

相続の報酬と費用

当事務所では、当事務所の報酬規定に基づき、明確な報酬額を定めております。 ご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。 事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、安心してご依頼いただくことができます。

ご依頼・ご相談

初めてのお客様は、初回のご相談(30分)を無料とさせていただいております。
面談相談・電話相談は午前8時から午後10時まで。事前にご予約ください。
休日・夜間のご相談も対応しますので、ご相談ください。

03-4405-6941

totop