戸籍謄本の収集

HOME → 相続 → 戸籍謄本の収集

著者:司法書士 山内隆之(東京司法書士会所属)

 相続の手続きをするには、まず相続人が誰かということを確定しなければなりません。相続人を調べるには、戸籍謄本を取り寄せる必要があります。

 戸籍を取ると言っても、通常は亡くなられた方の現在の戸籍謄本だけでは足りず、出生から現在までつながるように取り寄せなければなりません。一口に戸籍謄本といっても、一人1通で済むわけではなく、その人の履歴によっていくつも存在するからです。

 戸籍は、戦前(旧民法のころ)であれば家督相続や分家がおこると新しい戸籍を作りしました。現在では、結婚をすると新しく夫婦の戸籍を作りますし、転籍をすれば戸籍を新しく作ります。また、戸籍自体のスタイルが変わったり、ボロくなって滅失のおそれがあるなどのために、戸籍を作り直す(改製といいます)ことがあります。

戸籍には大きく分けて以下の種類があります。

戸籍謄本 現在の戸籍謄本です。
除籍謄本 戸籍謄本に記載されている人が、結婚などで戸籍を抜けたり、亡くなったりしたために誰も居なくなった場合は、除籍され、閉鎖されます。
改製原戸籍謄本 戸籍を新しく作り直したために、もとの古い戸籍は閉鎖されます。この閉鎖された謄本が、改製原戸籍謄本です。(ハラコセキ、などと呼んだりします)

 それぞれ、別々に保管されていますので、今の戸籍の前の戸籍、その前の戸籍…と辿っていく必要があるのです。

 また、戸籍は各市区町村で保管されています。
 例えば、

  • 現在の戸籍は世田谷区にある→世田谷区で戸籍謄本の取り寄せ
  • 世田谷区には結婚して本籍を置いたが、その前は大阪市の実家に本籍があった→大阪市で戸籍謄本の取り寄せ

といった具合に各市区町村で戸籍を取り寄せる必要があります。

 亡くなられた方にお子さんや配偶者がいらっしゃらない場合は、ご兄弟・姉妹が相続人となる場合があり、そういうケースでは戸籍謄本がたくさん必要になる可能性があります。(被相続人の両親の戸籍をたどり、他に兄弟・姉妹がいないかどうか確認するためですね)

 それほど多くはないですが、まれに相続人が多いケースがあり、100通以上の戸籍が必要な場合もあるのです。

 ところで、昔の戸籍は読みにくく判読が困難であったり(ミミズが這ったような文字や、古い仮名文字・漢字で読みにくかったりします)、戸籍の記載方法も時代とともに移り変わっていて、専門的な知識が要求されるところです。

 これは余談ですが、古い戸籍を見ていると、満州や樺太の本籍地が出てくることがあり、また、戦争で亡くなった方は戦没地(太平洋の島など)が記載されていることもあり、日本の歴史に思いを馳せたりすることがありますね。

 時間がなくて戸籍謄本の取り寄せが大変、とお考えの方は、是非当事務所の活用をご検討ください。

  • 遺言に基づく相続登記(不動産の相続登記、遺産分割協議など)
  • 家庭裁判所に提出する書類の作成(遺産分割調停申立書作成など)
  • 借金の相続放棄手続
  • 成年後見の申立、任意後見契約

相続の報酬と費用

当事務所では、当事務所の報酬規定に基づき、明確な報酬額を定めております。 ご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。 事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、安心してご依頼いただくことができます。

ご依頼・ご相談

初めてのお客様は、初回のご相談(30分)を無料とさせていただいております。
面談相談・電話相談は午前8時から午後10時まで。事前にご予約ください。
休日・夜間のご相談も対応しますので、ご相談ください。

03-4405-6941

totop