法定相続人

HOME → 相続 → 法定相続人

著者:司法書士 山内隆之(東京司法書士会所属)

 相続の手続きをするには、まず相続人が誰かということを確定しなければなりません。このページでは、法定相続人が誰になるかということについて解説します。

  遺言書があれば、亡くなられた方の意思にに従いますが、遺言書が無いときや、遺言書が無効であるときには、法定相続分に従います。このルールは、民法相続編で定められています。 法定相続人と法定相続分は、家族関係によりかわってきますので、相続人と相続分がどうなるか、図解したいと思います。

1. 相続人の範囲

 亡くなった方の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位 亡くなった方の子供
 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります(代襲相続といいます)。
 子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位 亡くなった方の直系尊属(父母や祖父母)
 父母がいるときは父母、父母が亡くなっていて祖父母がご建在の場合は、祖父母の方です。
 第2順位の方は、第1順位の方がいない場合に相続人になります。

第3順位 亡くなった方の兄弟姉妹
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その方の子供が相続人となります。(孫は相続人となりません)
 第3順位の方は、第1順位の方も第2順位の方もいないとき相続人になります。

 なお、相続を放棄した方(家庭裁判所で相続放棄手続きを行った方)は初めから相続人でなかったことになります。

2. 法定相続分

(1) 配偶者と子供が相続人である場合
 配偶者 2分の1 子供 2分の1

(2) 配偶者と直系尊属が相続人である場合
 配偶者 3分の2 直系尊属3分の1

(3) 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
 配偶者 4分の3 兄弟姉妹4分の1

 なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
 この法定相続分は、相続人全員で遺産分割の合意をすれば変更することができ、相続分の譲渡、放棄もできます。


★子、親(直系尊属)、兄弟姉妹が複数の場合

 1、子相続人で、複数いる場合は頭数で均等に割る。(民法900条4号)嫡出子と非嫡出子がいる場合は、非嫡出子は嫡出子の2分の1。(民法900条4号但書)
 2、親(直系尊属)が相続人で、複数いる場合は頭数で均等に割る。(民法900条4号)
 3、兄弟が相続人で、複数いる場合は頭数で均等に割る。(民法900条4号)全血と半血の兄姉妹弟がいる場合は、半血は全血の2分の1(民法900条4号但書)

 注)全血は父母の双方を同じくする兄弟姉妹、半血は父母の一方を同じくする兄弟姉妹です。平たく言えば、自分が死亡したとき、子供も親もいなければ兄弟姉妹が相続人ですが、父母ともに同じ兄弟は全血兄弟です。いわゆる異父兄弟、異母兄弟、いわゆる腹違い・種違いの兄弟がいれば、その人は半血兄弟です。


★代襲相続について

 1、被相続人に子と孫がいる場合、子が先に死んでいて孫が生きている場合は代襲相続により、孫が相続人となる。(民法887条2項)
 ※相続欠格(民法891条)、廃除された(民法892条)場合も同様です。
 ※相続放棄は代襲原因となりません。
 ※被相続人の直系卑属でない者は代襲相続できません(民法887条2項但書)。これは、養子縁組前の養子の子が該当します。
 2、1のケースで、子と孫が先に死んでいて、ひ孫がいる場合、ひ孫が代襲相続する(再代襲といいます。民法887条3項)
 3、兄弟が相続人の場合、兄弟が先に死んでいて兄弟の子は生きている場合、兄弟の子は代襲相続により相続人となる。(民法889条2項)
 しかし、さらにその子(兄弟の孫)は、兄弟と子が先に死んでいても代襲相続はしない。(民法889条が、887条2項を準用し、3項を準用していないことによる)


相続人がどなたになるか、相続分がどれくらいになるか、以下、代表的なパターンを図で示します。

【ケース1】相続人が配偶者と子の場合

被相続人Aが死亡、配偶者Bと子C一人が相続人

配偶者は2分の1、子は2分の1です。

相続関係図

【ケース2】相続人が配偶者と子二人の場合

被相続人Bが死亡、配偶者Aと子CDが相続人

子が二人いる場合です。配偶者Aが2分の1、子Cがと子Dが4分の1ずつです。

相続関係図

【ケース3】相続人が配偶者と子で、嫡出子と非嫡出子がある場合(平成25年9月4日以前に開始した相続)

被相続人Aが死亡、配偶者Bと子C、D、Eが相続人。C、Dは嫡出子、Eは非嫡出子

※嫡出子と非嫡出子で相続分が異なり、非嫡出子は嫡出子の2分の1とされていましたが、民法改正により、平成25年9月5日以後に開始した相続については嫡出子と非嫡出子の相続分が同等になりました。

配偶者Bが2分の1、C、Dが5分の1ずつ、E、が10分の1です。

相続関係図

【ケース4】相続人が配偶者と子、子二人のうち一人が既に死亡

被相続人Bが死亡、配偶者Aと子C、子Dがいるが、子CはBが死亡する以前に死亡。子Cには妻も子供もいない場合

配偶者Aが2分の1、子Dが2分の1を取得します。

相続関係図

【ケース5】相続人が配偶者と子、子二人のうち一人が既に死亡

被相続人Aが死亡、配偶者Bと子C、子Dがいるが、子CはAが死亡する以前に死亡。子Cには配偶者Eと子(孫)Fがいる。

子Cが先に死亡しているため、孫Fが代襲相続をします。配偶者Eは相続人にはなりません。(Aと養子縁組をしていれば相続人になります)

結果、相続分は配偶者Bが2分の1、子Dが4分の1、孫Fが4分の1です。

E

【ケース6】相続人が配偶者と子、子二人のうち一人が既に死亡

被相続人Bが死亡、配偶者Aと子C、子Dがいるが、子CはAが死亡する以前に死亡。子Cには配偶者Eと孫F、孫G、孫Hがいる。

※4のケースで、孫が3人いた場合です。結果、相続分は配偶者Bが2分の1、子Dが4分の1、孫F孫G孫Hが12分の1ずつ(4分の1×3分の1)、です。

相続関係図

※以上に掲げたケースの他にも、様々なパターンがあります。ご自身の場合に当てはまらない場合は、法定相続人がどなたになるかの判断をいたしますのでお気軽にご相談ください。

相続の報酬と費用

当事務所では、当事務所の報酬規定に基づき、明確な報酬額を定めております。 ご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。 事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、安心してご依頼いただくことができます。

ご依頼・ご相談

初めてのお客様は、初回のご相談(30分)を無料とさせていただいております。
面談相談・電話相談は午前8時から午後10時まで。事前にご予約ください。
休日・夜間のご相談も対応しますので、ご相談ください。

03-4405-6941

totop